分类
完整的交易指南

指標 macd

図1:下に表示されているのがMACDです

用macd怎麼抓趨勢?

有的人以為這裡賺錢很容易,偶爾的小有所得便開始飄飄然,以為自己很聰明,便開始加註,即使再賺,也不過是養肥了的一隻羔羊,早晚被人一刀殺死,死後才明白 自己不過是處在這個市場食物鏈的最下端;有的人賺了不知道為什麼,賠了不知道為什麼,整個是一頭豬,每天為那些看不懂的波動操心,只知道今天漲了明天跌 了,來這市場就等於進了煉獄,從來沒過上一天好日子,所有這些都不是我們想要的尋找的,我們要尋找的,就是確定性的獲利機會,介入條件滿足了就進入,退出 條件出現了就跑路,只需要機械的操作,不需要聰明和賭博,這就是本文的終極意思:拋棄貪婪和恐懼,在條件出現時立刻決定進出。

如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。

禾日分享 如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。 對於投資新手最窒礙難行的莫非就是何時進場買股票,由於對股市的不安及焦慮,這種感覺就好比有些人剛學習游泳時,不知怎麼遊且怕水的情緒,這時給予浮板這項「輔助工具」能增添游泳新手對游泳的安全感及信心,而相應的,在股市中擁有技術指標就是股市中的「輔助工具」角色,方使新手勇敢且安心的跨出第一步。 本文禾日讓各位讀者認識最基礎且最多人使用的「KD」、「RSI」及 「MACD」三種技術指標,詳解 指標 macd 「KD指數」黃金交叉及死亡交叉, 「RSI指數」背離及 「MACD指數」 正負、黃金交叉、死亡交叉,提升個人專業的投資技能,有助掌握市場趨勢並進行投資。

KD指標(英文:Stochastic Oscillator,KD),中文又稱為隨機指標,在股市當中許多投資人使用於KD指標「黃金交叉」買進,而KD指標「死亡交叉」時賣出。下面透過圖文來解析「黃金交叉」及「死亡交叉」進出場時機,並瞭解使用 「黃金交叉」及「死亡交叉」也有盲點所在而可能導致失敗。

KD指標成功案例之一:

「黃金交叉」為K線(藍線)由下往上穿過D線(紅線),其為買進點(收盤價48.3)。

如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。

「死亡交叉」為K線(藍線)由上往下穿過D線(紅線),其為賣出點 (收盤價53)。

KD指標失敗案例之一:

KD指標使用必知:

RSI指標

RSI指標(英文:Relative Strength Index,RSI)中文又稱為相對強弱指標,在股票市場中股民常使用 「RSI低檔背離」買進,而「RSI高檔背離」賣出,接著,由下附圖說明來詳解 「RSI低檔背離」及 「RSI高檔背離」進出場時機,而其RSI背離是技術分析工具中的先行指標之一,其指標先於指數反應,投資人可借助於此技術分析工具來進行投資買賣。

RSI指標低檔背離

如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。

RSI指標高檔背離

如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。

MACD 指標

MACD指標(英文:Moving Average Convergence & Divergence, MACD)中文稱為平滑異同移動平均線指標,此技術指標除了快慢移動平均線外,還有正負直條圖,雙重指標對應下可更精確的分辨多空趨勢。從下圖附圖講解「 指標 macd MACD指標正負」進出場時機,為使讀者知悉MACD指標的多空分界點,在此先說明MACD的0軸為基準線,0以上的正數為多方區,相反的,0以下的負數為空方區。

MACD 指標正負(正)、黃金交叉

如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。

MACD 指標正負(負) 、死亡交叉

如何判斷股票買賣點?先學會看KD、RSI、MACD技術指標。

⬇ 人手一讚 您我都棒!最後記得點擊拍掌,這份鼓勵是禾日文章創作的動力,請來點鼓勵吧 ~
一起點讚 幸福不散~ 歡迎免費註冊LikeCoin會員喔💖

MACDとは?移動平均線が進化した便利な指標MACD

図1:下に表示されているのがMACDです

トレンドが継続しているときは、短期EMAの方が価格に近い水準で推移するので、 上昇トレンドのときは常に短期EMAの値が中期EMAの値よりも大きくなり、MACDの値はプラスになります。

反対に、 下降トレンドのときは常に短期EMAの値が中期EMAの値よりも小さくなるので、MACDの値はマイナスなります。

つまり、 MACDの値がプラスなら相場は上昇トレンド、マイナスなら下降トレンドと判断 することができます。

また、 MACDの値がマイナスからプラスに転じたポイントは、EMAがゴールデンクロスしたところMACDの値がプラスからマイナスに転じたポイントは、EMAがデッドクロスし たところになるので、 売買シグナルとして活用できます!

うむ。そういう認識でいいと思うぞ。 ただ過信し過ぎは禁物だ。
ローソク足と見比べながら動きを見て自分なりのトレード手法を見つけてみような

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

MACDはインジケーターとオシレーターの2つの使い方ができる!

MACDはインジケーターとオシレーターの使い方ができる非常に優秀なテクニカル指標です!

そんな事いいから使い方を教えろよって声が聞こえてきそうだな
いいか!FXウォリアーなら基礎を怠ってはならん!!
全ては基礎からだ!基礎をしっかり固めてから応用に移れ!いいな!

指標 macd

この取引戦略は、ADX(平均方向性指数)MACD(移動平均収束発散法)の組み合わせを使用して市場予測を行います。この戦略では、トレンドのモメンタム、方向性および強さを測定することができます。

MACDは、単独では強気市場または弱気市場の方向性およびモメンタムのみを示します。MACDが、買いシグナル( MACDシグナル線0.00レベル を下から上に抜ける時)を出す場合もありますが、トレンドの強さや、いつまで続くかまでは分かりません。それらを知るためには、ADX指標をMACDと組み合わせて使用します。

上図のチャートでは、上昇トレンドを表示している2つの領域(緑色で強調表示)があります。また、両方の上昇トレンドの始めに 指標 macd MACDの線シグナルの線 + 0.00レベル より高いことが分かります。これは、モメンタムが増加しており、強気市場になる可能性が高いことを示しています。しかし、これだけではトレンドに強度や期間はわかりません。MACDシグナルだけを見て買い注文を出すと、損失を出す可能性があります。その理由は市場がまだ反転する可能性があるからです。

そのため、上図のチャートでは、トレンドの強さを測定するためにADX指標も合わせて使用しています。チャートをよく見ると、MACDが両方の上昇トレンドの始めに買いシグナル( MACDの線 > シグナルの線 + 0.00レベル )を示しているとき、 ADX指標ウィンドウ では +DIの線買い手の強さ)が– DI の線売り手の強さ)よりも大きいことが同時にわかります。前回のレッスンで、 +DIの線 が- DIの線 を下から上に抜けると、上昇トレンドが強くなってきていることを示していると学びました。

これに加えて、 ADXの線40のレベル を超えて移動するとき、トレンドが強いと考えられるということも学びました。このため、 + DIの線– DI 指標 macd の線 より大きく、 ADXの線40のレベル (青色で強調表示)を超えて移動し、強い上昇トレンドを示したので、MACDの強気市場のシグナルは、より信頼性が高いことが確認できました。

MACDとRSIとADXを組み合わせた分析法

MACD(移動平均収束発散法)RSI(相対力指数)ADX(平均方向性指数)の3つの指標を組み合わせると、あらゆる売買シグナルの信頼性を劇的に向上することができます。RSIのテクニカル指標を単独で使用すると、特に強いトレンドが形成されるときは、信頼度が低い売買シグナルが発せられる場合があります。これをより詳しく検討するために、以下の例を見てみましょう。

以下のチャートの RSI指標ウィンドウ を見てみましょう。 RSIの線 が70%-100%のレベルを超えて移動し、通貨が買われ過ぎであることを示しているのが分かります。このことから、 「売りサイン(1)」 の示される領域は、通常、売りに最適な時期であると考えられます。しかし、 RSIの線 は50%のレベル以上にとどまって( RSI指標ウィンドウ 内の ピンク色の矢印 で表示)予想通りに下落していません。では、 MACD指標ウィンドウ を見てみましょう。ここでは、 ゴールデンクロス が起こり、 MACDの線シグナルの線 と0レベルを超えて、上昇トレンドがモメンタムを増していることが分かります(指標 macd 白矢印で表示)。このため、これらの兆候から見ると、 RSI「売りサイン(1)・(2)」 の信頼性が低く映ります。

そこで、RSIの 「売りサイン(1)・(2)」 が不正確なようなので、 ADX指標 を参照することによりこの上昇トレンドの強さを確認することが重要になります。 +DIの線 (買い手の強さ)が -DIの線 (売り手の強さ)を超えて上昇することが分かり、 ADXの線 も40のレベルを超過しているため、強い上昇トレンドが確かに存在することが確認できます。このため、RSI線は、特に強いトレンドを見る際には信頼できないことがあるという結論になります。売り注文が 「売りサイン(1)」 で出された場合、強い強気市場が逆方向に動いた結果、大きな損失が発生したことになります。

上昇トレンドが発生した後は、RSI線が 「売りサイン(2)」 で示され、再び70%-100%のレベルを超えて移動することが分かります。 「売りサイン(1)」 の結果より、RSIの「買われ過ぎ」シグナルは強いトレンドの際には信頼できないことを学びました。ここで、もう一度 ADX指標ウィンドウ を見てください。 「売りサイン(2)」 が起こるときに、トレンドの強さは40レベルを超えたままであることが分かります。この点から、 指標 macd 「売りサイン(2)」 で売る代わりに、下降トレンドが現れる可能性を確認するためにマイナスのMACDやADXのクロスオーバーのシグナルが見られるまで待機します。

MACD指標 を見てください。ここでは、 デッドクロスMACD線シグナル線 を下回る)が上昇トレンドの後に起こることが分かり、下降トレンドが始まる可能性が高いことを示しています。しかし、 デッドクロス で売ることを決定する前に、トレンドの強さを確認するために ADX指標ウィンドウ に戻って見てみましょう​​。 デッドクロス とほぼ同時に、 -DI の線 (売り手の強さ)が +DI の線 (買い手の強さ)を超えて上昇することが分かり、下降トレンドの可能性が増加していることを示しています。これで、3つの異なる強い売りシグナルを確認することができました。

これら3つの売りシグナルにより、市場の予測精度が大幅に向上するので、 デッドクロス が発生し、 -DI の線+DI の線 を上から下へ抜けるときに売ることにします。実際に、下降トレンドになったので(赤色で強調表示)、利益が得られます。